「白雪姫と鏡の女王」

『インモータルズ -神々の戦い-』のターセム・シンが、グリム童話「白雪姫」を原作に放つファンタジー。類まれな美しさを女王から嫉妬されて森に追放された白雪姫が、そこで出会った小人たちなどを仲間にして彼女に立ち向かう。名女優ジュリア・ロバーツが邪悪な女王にふんし、キャリア初の悪女を憎々しげに演じ切る。『ミッシングID』のリリー・コリンズ、『J・エドガー』のアーミー・ハマーが、白雪姫と王子のカップルを快演。本作が遺作となった『ドラキュラ』などの石岡瑛子による豪華な衣装をはじめ、アクションやユーモアを交えてポップに描かれる世界観に夢中になる。

引用元: 白雪姫と鏡の女王 – Yahoo!映画.

 面白い番組が無かったので、かみさんが借りて来ていた「白雪姫と鏡の女王」を観ました。女王役のジュリア・ロバーツの名前がなかなか出て来なかったりしましたが、衣装とか映像的にも奇麗だし、ストーリー展開も良く、なかなか楽しめる映画でした。監督がインドの人だからでしょうが、最後の最後にインド映画風の歌と踊りが入るのは引いてしまうよりも、思い切り喜んでしまいました。これまでの作品でどれだけ我慢してたのだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.