太王四神記 第10話

 太王四神記の第10話「雨に流された絆(きずな)」でした。キハを呼び出した所に火天会が現れて襲ってくると言う状況で、キハを信じることができなくなった様子ですが、よくもまあ悪い方悪い方へと話を進めていってくれます。多分、だからこそ終わる頃には見ている方がすっきり溜飲を下げることが出来るようになるという展開なのでしょう。さて、ヨン・ホゲもあの光の中で何が起きたか見えていたような感じで、彼もまたチュシンの王として生まれてきているのかも知れず、なかなか面白い展開になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.