WBA世界Sフライ級王座戦

 何気なくテレビのチャンネルを変えていたらBS-ジャパンでボクシングをやっていました。WBA世界Sフライ級王座戦だったようで、もう8ラウンドくらいになっていました。解説はガッツ石松さんで、ガッツさんの採点では4〜5ポイントくらい差をつけて川嶋選手の方が優勢らしく、最後の方はチャンピオンは疲れてしまっていてパンチが流れており子供のけんかのようだということでした。実況アナは声をからして12ラウンドを終わったところで、間違いなく王座奪還するかのようでした。結果が発表されチャンピオンの防衛だったというところで、実況・解説とも言葉を失っていました。TBSに続きBS-ジャパン(テレビ東京)も思いっきりやってしまいました。これがWBCのタイトルマッチだったら恥をかかずに済んだのに、かわいそうなガッツさんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.