Leopard移行

 Tigerからの移行で素直にPHPが動かなかったりしていたので、サーバー機(PPC Mac mini)をLeopardにするのを躊躇していましたが、発売から3日もすればこういった情報はネット上に流れるもので、「Mac OS X 10.5 Leopard で PHP を動作させるには」を参考にして、”/etc/httpd/httpd.conf”ではなく”/etc/apache2/httpd.conf”を少し手直しすることでPHPが動くことを確認し、もう一個の懸案事項も対応できることも確認できたので思い切ってLeopardをアップグレードインストールすることにしました。XCodeToolsのインストールもあわせて2時間半ほどかかりましたが、無事Leopardに移行し、サーバーとしても動いています。ただ、ディレクトリユーティリティが何故か起動しないのが不安材料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.