Windows95

 職場にある測定器械コントロール用のWindows95機(FMV-5166T5)が壊れてしまいました。完全に起動しないわけではなく、vserver.vxdが無いとメッセージが出てきて、続行するとブルーバックになってしまうという状況で、FDで起動してscandiskさせてみると途中の不良セクタのところでアクセスを繰り返して先に進まないというものでした。PCが動かないと測定器械も動かせないと言うことで業者を呼んで話を聞いてみると、最近のPC(2000orXP)につなげるようにするためには基盤の交換とアプリのバージョンアップが必要で20〜30万円くらいかかるとのこと。というわけで、手元に転がっていた2.4GBのIDE HDを増設し、こちらをマスターにして元のHDをスレーブに設定してから、増設したHDにWindows98SEを新規インストールし、元のHDから測定器械のコントロールに必要なファイルをコピーすることでとりあえずは使えそうな状況になりました。後は実際に使えるかどうかを試してもらうだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.