iWork’06

 iLifeよりも2日ほど遅れてiWork’06が届きました。こちらもiLife’06と同様にかなりの空き容量が必要でした。ただし、以前のバージョンに上書きではなく別ディレクトリ(旧バージョンはiWorkで、これはiWork’06)にインストールされました。インストール直後の起動でシリアルを要求された時のユーザ登録と、メニューからアップルのページに飛んで登録するのとどう違うのだろうか。試しにどちらもやってみたのですが、特に登録済みとかというメッセージは出てきませんでした。使い勝手はこれからおいおいということで…。
 空き容量を確保するためにmonolingualを使って、英語と日本語以外のリソースを削除することにしました。これで2Gほど余裕が出来ました。

iWork’06

 iLifeよりも2日ほど遅れてiWork’06が届きました。こちらもiLife’06と同様にかなりの空き容量が必要でした。ただし、以前のバージョンに上書きではなく別ディレクトリ(旧バージョンはiWorkで、これはiWork’06)にインストールされました。インストール直後の起動でシリアルを要求された時のユーザ登録と、メニューからアップルのページに飛んで登録するのとどう違うのだろうか。試しにどちらもやってみたのですが、特に登録済みとかというメッセージは出てきませんでした。使い勝手はこれからおいおいということで…。
 空き容量を確保するためにmonolingualを使って、英語と日本語以外のリソースを削除することにしました。これで2Gほど余裕が出来ました。

iLife’06

 注文当初は2/20頃発送になっていた、iLife’06が届いていました。我が家のiMac(大福15inch)にインストールしようとしたら、ディスクの空き容量が足りないと文句を言われてしまいました。GarageBandのデモとかを削ってもダメだったため、上書きされるはずのiDVDや使うことのないダウンロードしたファイルなどをハードディスクから削除することでなんとかインストールすることが出来ました。どうせ上書きするのだから、その分を差し引いた空き容量で判断してくれればいいものを、どうして融通が利かないのだろうか。

iLife’06

 注文当初は2/20頃発送になっていた、iLife’06が届いていました。我が家のiMac(大福15inch)にインストールしようとしたら、ディスクの空き容量が足りないと文句を言われてしまいました。GarageBandのデモとかを削ってもダメだったため、上書きされるはずのiDVDや使うことのないダウンロードしたファイルなどをハードディスクから削除することでなんとかインストールすることが出来ました。どうせ上書きするのだから、その分を差し引いた空き容量で判断してくれればいいものを、どうして融通が利かないのだろうか。

 ハウジングステーションのフェアということで、肉をもらいに行ってきました。例年だとミサワホームと合同で行われるのですが、今年は別々に開催と言うことで、1/8にミサワホームで肉をもらってきて、今日はハウジングステーションで肉をもらうというわけで、誠にうれしい限りです。なにやらミサワホームの時には肉がおいしくなかったというクレームが来ていたそうで、今回は気合いが入った肉になっていそうです。朝の9時から開始と招待状に書いてあったので一番に乗り込んでいったのですが、実はプリントミスで10時から始めるつもりだったと聞き、ふとTHE有頂天ホテルの「謹賀信念(←ATOKでは一番最初に出てきました)」の垂れ幕を思い出してしまいました。

PM7600/G4にTiger

 以前に挑戦して駄目だったPM7600/G4へのTigerインストールですが、時間があったのでPIX-DVRR/FW1を分解し、中に入っているDVD-RAMドライブをPM7600の中に組み込んでから再チャレンジしてみました。外付けFWの状態では途中でストップしてしまっていたのですが、今回は素直に最後まで行くことが出来ました(XPostFact4は当然必要ですが)。しかし、ソフトウェアアップデートで10.4.4までアップデートした後ではKernel Panicになってしまったりで、Tigerが起動することはありませんでした。結局のところPanther(10.3.9)の状態に逆戻りです。

予定変更

予定を変更して、2本早いしらさぎに乗り継ぐようにみどりの窓口に指定席券を変更してもらうことにしました。最初は名古屋乗り換えで処理されてしまい、米原で乗り換えするかたちにお願いして処理してもらいました。駅を出て会場についてから良く見てみると、米原での乗り換え時間が1時間ありました。慌てて駅まで戻り、先程対応してくれた駅員のところに行き、1時間後のひかりに切換えてもらいことなきを得ました。