チョコレート工場の秘密

 雨が降り続く中、途中で娘1号の友達姉妹を拾ってからファボーレ東宝まで映画を見に行きました。娘達は「劇場版 仮面ライダー響鬼(ヒビキ)と7人の戦鬼」を、自分たちは「チャーリーとチョコレート工場」を見ることに。天気が悪いからなのか映画館はかなりの人出で、久しぶりに混雑した映画館で映画を見ることになりました。原作の「チョコレート工場の秘密」の本は家にあってかみさんや娘は読んでいるのですが、自分は読んでいないため新鮮な気持ちでストーリーを追うことが出来ました。ティム・バートンと、ジョニー・デップのコンビと言うことで、なかなかそれらしい感じになっていました。ちなみに1971年に「夢のチョコレート工場」というタイトルで映画化されていて、レンタルビデオ屋で見かけます。こちらを借りてきて見てもまた面白いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.