JAVAの不完全なインストール

Incomplete Java Installations on Some Panther Systems

 Old Friendsさんとこ経由で”JAVAの不完全なインストール”を認識しました。10.3.9にバージョンアップしてから特に不具合は感じていなかったのですが、試しにヤフオクの「詳細な残り時間」を開いてみると、safariが落ちてしまいました。家のiMac800(FlatPanel)でもI-PATの情報メニューでsafariがこけていたりしていたのですが、これが原因だったようです。インストールCDが無いと対応が出来なさそうなので、後でじっくりと対処するつもりです。


 ここに書いてあるとおりの段取りでやろうと思ったのですが、職場のPowerBookG4 12inchには”Mac OS X v10.3 Install Disc 1 CD”が無くDVD1枚だけで、”Mac OS X Install Disc 1/System/Installation/Packages/Java.pkg”は見つけられませんでした。仕方がないので、ここからJavaPantherUpdate.dmgをダウンロードしてきて、version.plist を捨ててから、アップデートをかけました。その後、ソフトウェアアップデートを2回かけて、なんとかSafari1.3でJavaがまともに動くようになりました。

「JAVAの不完全なインストール」への1件のフィードバック

  1.  後から正式にアップルから発表があったようですが、上のやり方をしなくても、「Java 1.4.2 Update 2」と「Security Update 2005-002」を順番に適用すればよかったようです。上の方法では一旦古いバージョンのJavaを再インストールしてから、ソフトウェアアップデートでこの二つのUpdateをかけることになるので、ひとつ無駄な手間をかけていたことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.