FT-STC-Va/g

 PC-350に刺さっているGW-US54GZ-WOですが、AirMacBaseStation(銀色)では11Mbpsしか出ないこともあり、WebCasterV110純正のFT-STC-Va/gを購入して、AirMacBSと置き換えることにしました。WebCasterV110のとさかを外してFT-STC-Va/gを差し込み、無線LAN設定の基本設定でESSIDを変え、暗号化設定でAirMacBSの時と同様にWEP、直接入力、64bit、文字入力、パスワード設定をし、MACアドレスフィルタリングに登録しました。
 後は、GW-US54GZ-WOの方ですが繋がるには繋がるのですが11Mbpsまでしか出ません。試行錯誤した結果、ドライバのプロパティでdisableになっていた3つの項目をenableにしたところ無事54Mbpsで繋がりました。ただ、スピードテストをしてみたところ、AirMacBS経由(11Mbps)の方がFT-STC-Va/g経由(54Mbps)の方よりも速かったのが不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.