ぶらぶら美術・博物館「出雲と大和」


今回は、上野の東京国立博物館へ。2020年は日本書紀が完成して1300年。それを記念して行われるのが特別展「出雲と大和」です。日本書紀に記載されている“神々や祭祀を司る地=出雲”と“政治や権力を司る地=大和”。その関係と時代の変遷を貴重な展示品で読み解きます。古代祭祀の一大拠点だった出雲からは、高さ48m、出雲大社の巨大神殿を支えていたと言われる「宇豆柱」と「心御柱」がお目見え!さらに、荒神谷遺跡から発掘された国宝の銅剣358本中168本が、展示室にずらり並ぶ偉容は圧巻!この銅剣、銅矛、銅鐸などから分かる当時の祭祀とは?政治や権力を司る地、大和からは、奈良・石上神宮に伝わる御神宝《七支刀》。日本書紀にも登場する伝説の刀です。大和王権と朝鮮半島の交流の様子が分かる銘文を間近で見られるまたとないチャンス。さらに藤ノ木古墳から見つかった金製の馬の鞍、そして奈良・黒塚古墳から出土した三角縁神獣鏡が33面勢揃いと驚きの展示内容。古代祭祀から大和王権、そして仏教伝来へ。今につながる信仰を知ることができる1時間です。

情報源: #338 空前絶後!東京国立博物館「出雲と大和」〜出雲大社の巨大柱、国宝銅剣、伝説の刀「七支刀」…お宝で読み解く日本の源〜|ぶらぶら美術・博物館|BS日テレ
 今週のぶらぶら美術・博物館は「出雲と大和」。毎週この番組を見ているわけではないですが、見に行きたいと思っていた東京国立博物館「出雲と大和」をやると言うので録画しながら見る事にしました。本当は現地に行って観たいと思っているのですが、今のご時世ではちょっと行くのが憚れるのでこの番組で我慢する事になりそうです。かつての巨大出雲大社のミニチュアはあの大きな柱が見つかる前に作ったので一本の柱になっていたとか、自分が知っていたようでよくわかっていなかった事がいろいろとありました。

「本能寺ホテル」


『プリンセス トヨトミ』のキャスト&スタッフが京都を舞台に描く歴史ミステリー。不思議なエレベーターに乗って、戦国時代に迷い込んだヒロインが、“本能寺の変”前日の織田信長と知り合い、歴史の謎に迫っていく姿がつづられる。綾瀬はるかが奇想天外な出来事に遭遇するヒロインを、堤真一が織田信長を演じる。

情報源: 本能寺ホテル| 映画-Movie Walker
 WOWOWで綾瀬はるか特集をやっていて「プリンセス・トヨトミ」は終わりの方しか見られませんでしたが、引き続いて放送されていた「本能寺ホテル」を見ました。綾瀬はるかと堤真一の組み合わせが続いたと思って見ていましたが、監督とかが一緒だったので当然と言うことのようです。ありがちなタイムスリップものですが、綾瀬はるかを見られれば十分です。

「翔んで埼玉」


埼玉に対する自虐的な笑いが話題となり、1982年の発表から30年以上経った2015年に復刊し、大ヒットした魔夜峰央の同名コミックを実写映画化したコメディ。二階堂ふみ演じる東京都知事の息子・百美が隠れ埼玉県人の麗と出会い、逃避行を繰り広げる。千葉と埼玉の争いや神奈川、群馬など関東の近県を巻き込んだ壮絶なバトルが展開する。

情報源: 翔んで埼玉| 映画-Movie Walker
 祝日のお昼は見るべきテレビ番組も無いため、WOWOW撮り溜めシリーズで「翔んで埼玉」。原作を読んでいなかったので、都知事の息子が実は男装していた女の子だったと言う展開かと思って見始めましたが、そうではなく普通にボーイズラブな展開だったようです。都市伝説をラジオで放送しているのを聞いている体裁なので、はちゃめちゃな展開でも問題なく受け入れられました。結構地元あるあるネタを盛り込んでいたようで楽しめましたが、地元の人じゃないと反応しないようなネタも混じっていたのだろうと思われます。

「ザ・バトルフィールド~シベリア戦記~」

18世紀のシベリアという、よほど世界史に強い人でも詳しくないであろう土地を舞台にした、ロシア産のユニークな歴史アクション大作。冒頭、当時のシベリアにまつわる時代背景が紹介されるが、理解は難しいかもしれない。しかし本作は、命懸けの窮地に追い詰められた面々が体当たりで逆転劇を目指す、熱い一大活劇なのは間違いない。セットなどの美術、衣装、大道具・小道具などもリアリティやスペクタクル感がたっぷりで、終盤の一大合戦シーンも迫力満点で大いに楽しめる。WOWOWの放送が日本初放送。

情報源: ザ・バトルフィールド~シベリア戦記~ | 映画 | WOWOWオンライン

 二日続けてWOWOW撮り溜めシリーズで「ザ・バトルフィールド~シベリア戦記~」。最近はロシア映画を見る方が多いかも。シベリアの時代背景を理解できぬまま話が進み、しばらくは誰が誰?状態でした。ロシア兵のイヴァンとスウェーデン人捕虜のヨハンが主人公のようでしたが、ヨハンがいったい何をしたかったのかがよくわからないままに終わってしまった感じです。「当時のシベリア一帯では、ロシア、ジュンガル、清という3つの国がせめぎ合っていた。」とありましたが、ジュンガルという国があったのを初めて知りました。なんだかんだ言っても結構楽しめた映画でした。

「テイキング・アース 地球侵略」

感染すると凶暴化し、非感染者を襲い始めるウイルスが蔓延するという、王道的なゾンビホラーの要素に加え、高度な科学力で地球侵略をたくらむ宇宙からの侵略者という、パニック映画の2大要素をミックスさせたSFサバイバルアクション。さらには超能力を持った善と悪のエイリアンによるサイキックバトル的な要素も絡められ、B級映画らしい盛りだくさん感が満点だ。一方、航空機の墜落や宇宙船のドッグファイトなど、力の入ったVFX場面は見応え十分。見て損なしの掘り出し物的なSF作品に仕上がっている。

情報源: テイキング・アース 地球侵略 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「テイキング・アース 地球侵略」を見ました。未知のウイルスによるパニック映画かと思いきや、途中から地球人と見分けがつかないエイリアンのお話になってきました。南アフリカ映画ということでしたが舞台がどこなのかよくわからず、キーファ・サザーランドを太らせたような人やどこかで見たことのある俳優さんに似た人たちが登場していました。最後の方もどうなったのか良くわからない感じでしたが、それでもそれなりに面白かった映画でした。

「麺酒場 かぐや」

 大島絵本館を出て、お昼は小杉の「麺酒場 かぐや」に入って食べることにしました。かみさんは何度か来ていますが、自分は初めてです。公式サイトの写真では随分と綺麗な感じに見えましたが、普段のお昼の客層はだいぶ雰囲気が違うらしいです。カツ丼が人気ナンバーワンとのことですが、ここは二人とも豚野郎を注文です。野菜・背脂・ニンニクの追加トッピングが無料だと言うので、自分は野菜・背脂マシマシにしてかみさんは野菜マシマシを頼みました。ボリューム満点なのは良いのですが、麺が太すぎてすすることができず、スープはちょっと自分の好みとは違う感じでした。後から隣に座った若者4人組はだれもラーメンを頼まずにそばと丼のセットを頼んでいました。別の老夫婦は豚野郎を頼んでいましたが、自分たちの方が先に店を出たので食べ切れたのかどうかは不明です。今度来た時にはカツ丼を頼んでみようかと思います。

豚野郎・野菜背脂マシマシ

大島絵本館

 かみさんのリクエストで大島絵本館に行ってきました。娘たちが幼い頃には何度か訪れているのですが、随分と久しぶりです。お目当ては「いせひでこ 絵本原画展」と言うことで「ルリユールおじさん」と言う絵本の原画が展示されていました。絵本も置いていましたが、原画の横に文章も貼られていたので最初から最後まで原画を見ていくことで絵本全部を見たのと同じ感覚になりました。

「串カツ&鉄板焼どらん」

 晩御飯はかみさんと「串カツ&鉄板焼どらん」へ。かつては「まわる海天すし天正寺店」があったところで、それが「ゴーゴーカレー」と「京都鉄板焼・お好み焼き 福ふく」になっていて、「福ふく」がこの店に変わっています。中に入ってみると他に誰も客はおらず多少心配になりましたが、そのあとで二組くらい入ってきていたようです。メニューを見てみるとお好み焼きもあるようで、公式サイトを見てみると「福ふく伝承の味」とあり全く新しい店ではなく、お好み焼き屋から串カツ屋に衣替えしたみたいな感じなのかもしれません。とりあえず自分はオールフリーにして、牛/豚/鶏手羽/イカ/エビ/玉ねぎ/レンコン/アスパラの定番8種盛りに大根サラダとお好み焼き(ミックス)を注文。あとから串カツでハムカツ・玉ねぎ・牡蠣x2を頼み、シメに金沢カレー(ハーフ)とピリ辛ホルモン焼きそばを頂きました。串カツ屋に良くある「2度漬け禁止」がメニューに書いていないので安心していたのですが、カウンター席を見てみると「2度漬け禁止」が書かれていました。金沢カレーは隣のゴーゴーカレーのを持ってくるかとも思ったのですが、さすがに違うような気がします。LINEで繋がると会計10%オフとかでしたが、面倒なのでパス。会計したところ割高感があり、かみさんが現金で支払おうとしていたのでキャッシュレス決済で5%キャッシュバックをしないと損なのでクレジットカード払いにしました。

オールフリー

定番8種盛り
大根サラダ
お好み焼き(ミックス)
牡蠣x2・玉ねぎ・ハムカツ
金沢カレー(ハーフ)
ピリ辛ホルモン焼きそば

ダイアモンドプリンセス

 ダイアモンドプリンセスの件。今のところ自分には直接的な影響は出ていませんが、色々とあるようです。入港(入国?)拒否していればこんなゴタゴタに巻き込まれずに済んだと思うのは、船の中の人の事を考えると不謹慎なことなのでしょう。それにしても10年前の新型インフルエンザ騒動と同じような事が繰り返されてしまいそうな気配で、あの時の教訓はどこに行ってしまったのでしょうか。とりあえずはこれまで通りになるべく人混みを避け、手洗い励行することでこの騒動から逃れたいと思います。