大相撲九月場所千秋楽

 大相撲九月場所の千秋楽。昨日朝乃山に完勝して2敗を守った正代と、貴景勝に敗れて3敗となった翔猿の直接対決です。正代の当たりは翔猿がうまく対応していましたが、最後に土俵際で正代が突き落として初優勝を決めました。先場所が11勝でその前が8勝、直近3場所で32勝でなおかつ優勝ということで一気に大関昇進の道が開けました。結びで貴景勝が朝乃山に勝利し、それぞれ12勝3敗と10勝5敗となっています。来場所も両横綱が土俵に上がってくる可能性は低そうで、この3大関が引っ張る形になりそうです。照ノ富士が終盤で膝を痛めて休場したのがちょっと心配です。

「ドクター・スリープ」


”モダンホラーの帝王”と称されるスティーブン・キングの小説を映画化した傑作ホラー『シャイニング』の、40年後を描く続編。雪山の呪われたホテルで起きた惨劇を生き延び、大人へと成長した主人公が直面する新たな恐怖を描く。主演を『プーと大人になった僕』などのユアン・マクレガーが、監督・脚本を『オキュラス 怨霊鏡』のマイク・フラナガンが務める。

情報源: ドクター・スリープ| 最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS
 WOWOW撮り溜めシリーズで「ドクター・スリープ」。あの「シャイニング」の40年後と言うことですが、ところどころにシャイニングのシーンが散りばめられていました。とは言ってもストーリー的には全然別物な感じがありました。それはそれで面白く見ていられたのですが、終盤に来て舞台があのホテルに移ったところでやっぱりそう来なくちゃとオールドファンは大喜びです。見始める前は152分は結構長いなと思っていたのですが、実際には時間の長さは感じることなく最後まで見ていられました。

粋鮨

 お昼はおばあちゃんと3人で粋鮨へ。店に入る時に額で体温をチェックされましたが、そもそも席はボックスごとに仕切られているのでアクリル板で仕切ると言うことはありませんでした。日曜日なのでお得なランチは無かったのでちょっと残念でしたが、自分とかみさんは氷見づくし盛りをおばあちゃんは店長オススメ五種盛りを注文し、それにあさり汁を追加しました。以前はこういった盛り合わせは店の人が直接持って来ていたのですが、コロナ対策のためかレーンを走らせて届く形になっていました。流石にこれでは足りないので、その後は単品で甘エビ・つぶ貝・粋鮨まかない巻き・カニ味噌などを追加しました。店に入ったのが11時10分過ぎで余裕でしたが、あとからどんどんお客さんが入って来て自分たちが出るときには満席に近い状況になっていました。

氷見づくし盛り

あさり汁
甘エビ
つぶ貝
粋鮨まかない巻き
カニ味噌

日面紅

 実家の母が元気だった頃は毎年のように送ってもらっていた洋梨ですが、最近は届くことはありません。と言うわけで、今年は自分で取り寄せすることにしました。いつも送ってもらっていた笠原果樹園のHPで確認してメールで日面紅の中玉5kgを代引きで注文し、本日配達となりました。クロネコヤマトのコレクトサービスを使えると言うので電子マネーで払おうとしたところ、伝票には現金にのみ丸がついているとの事で現金払いになってしまいました。宅急便コレクトの説明をよく見てみると、加盟店が「お届け時カード決済及びお届け時電子マネー払いの契約が必要」とあったので向こうが現金決済しか契約していなかったのだと思われます。

日面紅

柿収穫

 我が家の裏にある柿を収穫。今年もなんとか毛虫の被害を最小限に食い止めることができましたが、高い位置にある赤いのは何個も鳥につつかれていました。最初はカラスかと思ったのですが、ムクドリがつついてる現場を目撃。手の届かない所の柿はムクドリ達にあげることにしました。

大相撲九月場所十二日目

 大相撲九月場所の十二日目。若隆景と翔猿の2敗対決は新入幕の翔猿に軍配。貴景勝は遠藤の負傷休場で不戦勝となり、正代も10勝目。2敗が3人、3敗が3人となってますが、もしかしたら朝乃山が頑張りすぎて翔猿が2敗のまま新入幕初優勝になってしまうかもしれません。低いレベルではありますが、これはこれで面白くなって来ました。

NKの個人的なブログです。備忘録的なことをつらつらと書き連ねてみます。