メモリー返品

 残念ながら使うことの出来なかったiMacの増設用のメモリーをAmazonに返品しました。間違って注文と言う事で、こちら側の都合のため返送料を差し引いてのポイント(ギフト券)返金となりました。web上で手続きすると伝票を準備する必要もなく、物を箱に入れてヤマト運輸さんを待つだけで無事回収されていきました。

「風の谷のナウシカ」


自然を愛し、虫と語る風の谷の少女が、たったひとりで未来の地球を酷い争いから救う姿を描く。アニメ雑誌「アニメージュ」に連載された宮崎駿原作の同名漫画のアニメ化で、脚本、監督も「ルパン三世 カリオストロの城」の宮崎駿が担当。

情報源: 風の谷のナウシカ| MOVIE WALKER PRESS
 「一生に一度は、映画館でジブリを。」と言うわけで、「風の谷のナウシカ」を36年(?)ぶりに映画館で観ました。テレビでは18回放送されているようで、その中で何回観たかは覚えていませんが、まさか今頃になって映画館のスクリーンで観ることになるとは思いもよりませんでした。シアターには結構若い人たちも多く、小さい子を連れた家族もいました。公開当時に実際に映画館で観ているはずなのですがあまり詳しい記憶が無く、同時上映の名探偵ホームズも見た覚えはあっても違うジブリ作品の時だったかも知れないし、流石に36年前は遠過ぎます。

モンベルヴィレッジ 立山ハーベステラス

 お昼はおばあちゃんのリクエストで「モンベルヴィレッジ 立山ハーベステラス」に行くことになりました。11:40頃に店内に入った頃には窓際の席は全て埋まっていました。今回は3人とも別のメニューにして、自分は焼きカレー、かみさんはオムライス(トマトソース)、おばあちゃんはオムライス(デミグラスソース)を頼みました。焼きカレーは最後まで熱々でした。

焼きカレー

オムライス(トマトソース)

iMacメモリー増設

 AmazonからiMacの増設用メモリーを入手して、いざ増設しようとケーブル等を外してひっくり返してみました。アップルの公式サポートページを見て予習していたのですが、電源ポートのすぐ上にあると言う小さなボタンが見当たりません。そもそもメモリコンパートメントドアと言うのもありません。2019モデルの説明を見ていたのですが、これは27インチモデルの説明でした。21.5インチモデルの説明が見当たらず、色々と探してみたところ小さな文字で「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019) のメモリは、お客様ご自身で取り外すことはできません。」と書いてあるのを見つけました。と言うわけで、増設用メモリーを入手したのですが全くの無駄でした。壊れた時に慌てずに翌日配達でも良いからとオンラインアップルストアでメモリーを増やしたモデルを注文しておけば良かったのですが、今となっては後の祭りです。iMacを新しくするのはもう少し先だと考えていて、今のiMac21.5インチモデルが自分で増設不可だと言うことまで情報収集していなかったのが敗因でした。県内にMacに対応した正規サービスプロバイダは無いので、このまま8GBで運用して保証期間が過ぎてから富山にあるかもしれない非正規業者にやってもらうことにするかもしれません。

増設用メモリー

エアコン用リモコン

 2年前にリビングエアコンのリモコンが調子が悪くなって中古の純正品を購入し、それを寝室用に回して寝室用をリビング用にしました。そして再びリビングのリモコンが全く反応しなくなりました。NatureRemoとAmazonEchoSpotで何とかエアコンの操作は出来るのですが、やはりリモコンも必要だと言う事で今回は互換品を購入することにしました。届いた互換リモコンですが、ボタンはショボいもののボタン配置も機能も純正品と同等のようで問題なく使えました。問題は純正品にはあった裏面の穴が無いことです。穴が無いと壁に引っ掛けることは出来ず、かといってこれに穴を開けるのも面倒なので下に置いておくしかありません。

左純正品・右互換品

裏面

NKの個人的なブログです。備忘録的なことをつらつらと書き連ねてみます。